月別アーカイブ: 2017年9月

今日の肌ニュースの中には秋の肌変化がピックアップ

ビューティーニュースで有名な雑誌「美的」の公式サイト美的.comでは、秋を意識した肌ケアにフォーカス。お肌の負の変化と表現されながら、年齢と共に変化する肌、季節の変わり目を経てゆらぐ肌のケアに美容化粧品た多々紹介されてます。

秋の肌といえば多くの人が化粧のノリが悪いと感じる時期でもあります。秋は気温が落ち着くこともあり、外的な要因が少ないと思われるので、お肌が悪くなる理由が見つけにくにので変化に驚く人が多いのも仕方ありません。

実は秋は夏の負担がある意味一気に表面化する時期なのです。ターンオーバーは正常で28日周期。お肌の表面に影響が出て来るのは28日以前のものなのです。わかりやすいのが夏の紫外線のダメージが肌の奥底にメラニンの集合によりでき、それが約1ヶ月後にお肌の表面に出てきてビックリするのが9月や10月といった時期になってきます。

もちろん紫外線によるシミだけでなく、そもそも夏のダメージによりターンオーバーそのものが乱れたり、目尻など皮膚の薄い箇所には顕著に老化作用が出てきます。

乳液やクリームでいつも以上のケアがオススメな時期ですから、できるだけ入念にケアしてあとにひっぱらないようにがんばりましょうね(笑)

お肌の変化の原因

お肌は季節や体調によっても様子が変わってきますし、食生活や水分補給の状態によっても変化していきます。女性の多くには”むくみ”を気にされて水分の補給をされない方も多いのですが、そこは水分を取らずにむくみを抑えるよりも、運動による代謝アップなどを心がけていただきたいと思います。

さて、むくみに乗じて水分の話題を挙げてみましたが、みなさんもよく知ってのとおり、人間の体の大半は水分なわけです。この水分をいかに保つかが年齢とともに意識をしなければならないところです。

現在、エステの世界ではラジオ波の機械などを使用して、二の腕など少々脂肪のある場所に振動を与えると水分が溢れ出てくる人が多くなりました。(実際に試してみるとお肌から溢れ出る水に驚かれる人が大変多いです。それだけ体内に溜まっているということです。)

本来であれば、代謝を保つことによって水分は体外にデトックスのように悪いものを一緒に吐き出してくれるという大事な役割を果たしてくれます。
しかし、代謝が悪い、血流が悪いとこの排出機能も低下し、体内の悪いものが体外へと出にくくなってしまいます。ですので、特に座りっぱなしのお仕事をされている方は、できれば30分に一回、少なくとも1時間に1回は椅子から立ち上がってトイレに行くなど、体を動かす!ということに意識を配ってください。たいそうな運動をしようと考えると億劫になってしまいますので、軽く肩を回すや腰を回す、屈伸をしてみる、といった簡単な動作であっても血流の促進に役立ちます。

最初は面倒だと感じることがあるかも知れませんが、人間は習慣の生き物と言われるように、体を動かすことがクセになるようにしていかれると負担が少なく良い積み重ねができるようになってきます。

このようにして血流が良くなってきますと、体中に運ばれる酸素の量も増え、頭がスッキリしたり、お肌の色(血色)が良くなってきますよ。

特に乾燥しやすい環境ってありますよね?乾燥する季節だけでなく、エアコンのよく効いた部屋などは季節に関係なくいつも乾燥している環境になってしまいます。
こまめに一口ほどのお水を飲みながらお仕事されるのをオススメします。お肌は正直に反応しますので、水分が少なくなるとお年寄りのようにシワが目立つようになってきますので、日頃から注意深くご自身のお肌を観察しておくことも大切になってきます。